前澤友作氏の新事業に仮想通貨取引所の幹部

衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作氏が、電子決済サービスに関する新事業を立ち上げることが分かった。暗号資産(仮想通貨)交換業大手の経営幹部も参加するという。共同通信が報じた。

前澤友作氏は、2019年9月にZOZO社長を退任後、お金配りなどSNS活動を活性化。Twitterのフォロワー数1000万人を超え、最大リツイート数といった拡散力が「ギネス記録」に掲載されるなど、その発信力を強めている。

wikipediaによれば、前澤友作氏は2020年のフォーブス長者番付で世界1,135位、日本23位にランクイン。保有資産額は2020年5月時点で、20億ドル(約2,134億円)に及ぶ大富豪の1人。

新会社「スタートトゥデイ」の新事業については、公式サイトを公開。「複数の決済サービスと独自通貨圏創造。お金の事業をゼロから一緒に立ち上げてくれる仲間を募集します。」としている。

現時点では新事業の詳細は明らかにされておらず、ビットコインなど仮想通貨とは無縁の決済事業の可能性も十分あるが、暗号資産(仮想通貨)交換業大手の経営幹部も参加するとの情報から、将来的に仮想通貨・ブロックチェーンも関連するフィンテック関連サービスを視野に入れている可能性も考えられる。