undefined今日、仮想通貨市場に見れば、リップル(XRP)値段は前数週の高騰を経って、厳しい現実に返すようだ。14日に、XRPは0.50ドルを下回って、過去2日間で15%近く下落した。

undefined最近、大規模なフレアネットワークの影響を受け、XRPの値段は0.80ドルの天井に達するなど、300%近くの上昇を見せた。一方、XRPが2018年1月に最高値を記録して以来、長期的な下降トレンドから脱却した。これに加えて、大規模な価格上昇が調整された後、XRPの新たなレベルが見える。

現在、XRPの値段は0.49ドルで、わずか24時間で5.91%低下し、過去7日間でほぼ20%低下していた。2020年に、XRPは2つの期間に分けることができ、ブレイクアウト前のFOMOとスナップショット後のFUDだ。

Flare Networkはチェーンスナップショットが近づき、トレーダーができるだけ多くのXRPを取得しようため、トークンの価格は年間最高値に急上昇した。しかし、誇大広告は保持できず、リップルのトークンは途切れになった。後、XRPは弱気のパターン修正階段に入った。

undefined現在、XRPのパフォーマンスを分析すると、最初の大規模なサポートゾーンは日足の0.45ドル付近にある。これが維持できない場合、次の大きなサポートゾーンは0.30~0.34ドル付近だ。

とはいえ、リップル値段はさらに下落するか回復するかにかかわらず、コインの最初急上昇がフレアネットワークの誇大宣伝によって引き起こされたことが分かった。今後、XRPは他のエアドロップマーケティング戦略を採用する場合に注意喚起された。