著者 クラーケン・インテリジェンス

クラーケン・インテリジェンス(Kraken Intelligence)は、クラーケンのリサーチ・チームであり、事実とデータに基づく仮想通貨関連の本質的で実用的なレポートの配信を目指している。伝統的な金融市場と仮想通貨市場の双方での知見を活かし、毎日の相場分析メモであるOTC Dailyや月間レポートなどで、最新の業界動向についてコンテンツを生み出している。

まだ火曜日を終えたばかりだが、今週は仮想通貨業界の未成熟さを示すニュースが続出している。

まずは、昨日、米小売大手ウォルマートがライトコイン (LTC)を支払い手段として受け入れるというフェイクニュースが流れた。ライトコイン財団の公式ツイッターも偽のプレスリリースをツイートしてしまったこともあり、ライトコインは40%以上急騰。4ヵ月ぶりの高値をつけた。その後、ウォルマートがニュースを否定し、ライトコインは高騰前の水準に戻った。

LTCフェイクニュース騒動の後、仮想通貨取引所FTXがハッキングされたという噂がツイッター上で流れ始めた。「4万5000BTCがミキシング(取引データを複数混ぜ合わせることによって出所や保有者の身元を隠す手法)されておりFTXがハッキングされたことを示しているのではないか」という投稿が匿名サイト4チャンネルに出現したことがきっかけだった。しかし、こちらもフェイクニュース。FTX創業者のサム・バンクマンフリード氏は、ブロックチェーン上で同社のビットコインが何故そのような動きをしていたのか説明した。

そして今日、「イーサリアムキラー」と呼ばれる仮想通貨ソラナ(SOL)が技術的な問題で取引ブロックの生成を停止した。それだけでなく、イーサリアムのレイヤー2ソリューションであるArbitrumが停止。一時は復旧したがまた停止する事態が発生した。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。