米投資銀行のモルガン・スタンレーは暗号資産(仮想通貨)のリサーチチームを編成、G10(主要10カ国)為替戦略のヨーロッパ責任者、シーナ・シャー(Sheena Shah)氏がチームを率いるとブルームバーグが13日に伝えた。

ブルームバーグによると、ロンドンに拠点を置くチームは、暗号資産が世界の株式および債券に及ぼす影響を調査するという。CoinDeskはモルガン・スタンレーに取材を試みているが、また返答はない。

モルガン・スタンレーは4月、富裕層顧客を対象にビットコインへのアクセスを提供。すぐにJPモルガン・チェースも続いた。
6月には同行がグレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)を保有していることも明らかになった。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Lucas Davies(Unsplash)
|原文:Morgan Stanley Taps Longtime FX Expert To Lead Crypto Research Team: Report

Related Posts

メディアはなぜ騙されたのか?ライトコインとウォルマートの偽発表文騒動メディアはなぜ騙されたのか?ライトコインとウォルマートの偽発表文騒動韓国、約2900億円の暗号資産が消失する可能性:報道韓国、約2900億円の暗号資産が消失する可能性:報道イーサリアムのハッシュレート、史上最高にイーサリアムのハッシュレート、史上最高にカルダノ、アップデート完了──「イーサ・キラー」に向け前進カルダノ、アップデート完了──「イーサ・キラー」に向け前進NFT販売額が急落──現状の課題と今後の見通しNFT販売額が急落──現状の課題と今後の見通し