undefined15日に、米商品先物取引委員会(CFTC)は仮想通貨に関する報告会で、DeFiはゲームのルールを変えたとの見方を挙げた。DeFi領域の規制面についても話し合った。

今度の会議で、DeFiはローン、資産取引、顧客預金の利息など金融サービスを提供するブロックチェーンベースのアプリケーションである。ただし、銀行と異なり、DeFiプロトコルはスマートコントラクトを使用していることを紹介した。

また、仮想通貨小委員会のメンバーであるGary DeWaal弁護士とAaron Wright法学部教授の2名が登壇して、DeFi領域の規制面について語った。

「懸念視されるDeFiの規制コンプライアンスについては、その技術が既存の法律に当てはまらない。規制コンプラ第一ではなく、技術レベルでの開発やデザインに重きが置かれているものの、必ずしも違法ではない」

特に、ユーザーの個人情報を確認しない場合は、KYCやAML関連法の違反にあたる可能性あるものの、責任の所在がどうなるのかも課題の一つとして挙げた。

DeWaal氏は「最初、ブロックチェーンエコシステムは、適用される規則や法律を遵守するために、多くのリソースを費やして取り組んでいる。不正な動作が何であれ、実際にはエンティティであるため、基本的な公平性の問題を引かいた。」との見方を述べた。

また一部では、ソフトウェア開発者に責任が舞い降りる懸念もあるが、ニューヨーク州のDeWaal弁護士はそうなる可能性は低いと指摘した。

最終的に、委員会はDeFiエコシステムにおけるアプローチを提案した。とはいえ、DeFiは多くのリスクがあるにもかかわらず、多くの潜在的な利点があるために、この重要な展開を抑制したくないとの態度を明らかにした。