·

著名アナリストWilly Woo:2021年末にビットコインの価格目標が30万ドルに引き上げ

12月1日に暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の価格が18,900ドル近付に取引されており、著名なオンチェーン暗号資産アナリストであるWilly Woo氏は、以前に予測したビットコインの価格目標(2021年末までに200,000ドルを到達する可能)は「今は保守的に見える」と指摘した。
著名アナリストWilly Woo:2021年末にビットコインの価格目標が30万ドルに引き上げ
·

Yearnは Sushiと統合発表!DeFi業界にどのような影響を与えるか?

1日に、分散型金融YearnFinanceの創設者であるAndre Cronjeは、SushiSwapと新しい契約関係を確立したことを発表した。
Yearnは Sushiと統合発表!DeFi業界にどのような影響を与えるか?
·

暗号資産関連の起業家10人、フォーブスの「30 Under 30」リストに選ばれ

先日、フォーブスが発表された30歳未満の若いビジネスリーダーリスト「30 Under 30」に登場する10人の起業家は、ブロックチェーンと仮想通貨関連の会社に所属している。これは主流メディアから暗号資産業界の受け入れが高まっていることを示している。
暗号資産関連の起業家10人、フォーブスの「30 Under 30」リストに選ばれ
·

11月にビットコイン価格の高騰で、取引所の取引高とアクティブなアドレス数も急増

海外The Block リサーチ部門が収集したデータによると、11月の法的な仮想通貨(暗号資産)取引所において、暗号資産の取引高は前月と比較して134%増加した。
11月にビットコイン価格の高騰で、取引所の取引高とアクティブなアドレス数も急増
·

イーサリアム2.0コア開発者、長期ロックアップため、いち早く出金できるソリューションが提案

ビーコンチェーンが稼働したイーサリアム2.0において、ステーキングデポジット時に長期間ロックアップされるデメリットを解消すべく、いち早く出金できるソリューションが提案された。大手取引所の一部は、独自の代替トークンを発行して流動性提供策を講じる。
イーサリアム2.0コア開発者、長期ロックアップため、いち早く出金できるソリューションが提案
·

リップルのSparkトークンに対して、新たな取引所がサポート発表

最新的に、海外の仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)、及びビットフィネクス(Bitifinex)は、SPARKトークンのエアドロッププログラムをサポートすることも発表した。
リップルのSparkトークンに対して、新たな取引所がサポート発表
·

リップル(XRP)チャートから分析、最近XRPの値段が大きな上昇の動きを示したが、今後の展開は?

仮想通貨(暗号資産)XRP(リップル)が先週の暗号資産強気相場で注目を集めた大きな上昇の動きを見せた。XRP値段は11月の間に0.22ドルから0.78ドルの高値まで上昇してみせた。
リップル(XRP)チャートから分析、最近XRPの値段が大きな上昇の動きを示したが、今後の展開は?
·

みずほ調査:六割以上のPayPalユーザーは、ビットコインを取引している

みずほ証券は、米仮想通貨決済大手PayPalが提供するビットコインの売買サービスに対して独自の調査を行い、今月の1日に調査レポートを発表した。
みずほ調査:六割以上のPayPalユーザーは、ビットコインを取引している
·

ビットコインは激しく下落したが、将来が59万ドルに到達する可能?

仮想通貨ビットコイン(BTC)は史上最高値を更新した後、ずっと20000ドル付近で強く抵抗している。
ビットコインは激しく下落したが、将来が59万ドルに到達する可能?
·

大手仮想通貨取引所BinanceとCoinbase、イーサリアム2.0 のステイキング対応計画を発表

仮想通貨イーサリアム2.0 のフェーズ0が日本時間1日21時に正式にローチンされた。この時点でに大手仮想通貨(暗号資産)取引所BinanceとCoinbaseは、イーサリアム2.0(ETH2.0)のステイキング対応計画を発表した。
大手仮想通貨取引所BinanceとCoinbase、イーサリアム2.0 のステイキング対応計画を発表
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android