24時間

ICoinTime

2020年4月14日仮想通貨の相場概況

4月14日9時時点での仮想通貨市場の時価総額は21.56兆円、 24時間売買代金は13.23兆円となった。 また、過去24時間での主要仮想通貨の動向は、ビットコイン (BTC)が741,635円で-0.63%の下落、売買代金は約 41,526億円。 イーサリアム (ETH)は16,941円で-1.78%の下落、売買代金は約 17,741億円。 リップル (XRP)が20.287円で-1.33%の下落、売買代金は約 2,421億円となった。 なお、過去7日間において、チェーンリンク (LINK)が+30.48%と大きく上昇。 過去30日ではステータス (SNT)が+71.71%と大きく上昇している。 値下がり率では、過去7日間において、シアコイン (SC)が-16.8%の下落。 過去30日ではファクトム (FCT)が-11.82%の下落している。 時価総額が100億円以上の仮想通貨の65銘柄のうち、上昇銘柄は13、下落銘柄は52銘柄となっている。 【市場情報】 仮想通貨市場の時価総額:21.56 兆円 24時間売買代金:13.23 兆円 ビットコイン比率:64.1% ▸ 時価総額ランキングを見る 【騰落情報】 上昇率トップ:ニュークリアスビジョン (NCASH) 価格:0.0381円 24時間変動比:+0.0076(+25.0%) 下落率トップ:ゲームクレジット (GAME) 価格:4.766円 24時間変動比:-0.353(-6.89%) ▸ 仮想通貨変動比ランキングを見る 【売買代金】前日比トップ3 1位 ビットコイン (BTC) 価格:741,635円 -4,709(-0.63%) 24時間売買代金:約 41,526億円 2位 イーサリアム (ETH) 価格:16,941円 -308(-1.78%) 24時間売買代金:約 17,741億円 3位 ライトコイン (LTC) 価格:4,464.0円 -103.3(-2.26%) 24時間売買代金:約 4,302億円

2020年4月13日仮想通貨の相場概況

4月13日9時時点での仮想通貨市場の時価総額は21.22兆円、 24時間売買代金は11.94兆円となった。 また、過去24時間での主要仮想通貨の動向は、ビットコイン (BTC)が746,377円で-0.5%の下落、売買代金は約 38,726億円。 イーサリアム (ETH)は17,237円で-0.27%の下落、売買代金は約 15,871億円。 リップル (XRP)が20.558円で-0.11%の下落、売買代金は約 2,244億円となった。 なお、過去7日間において、チェーンリンク (LINK)が+50.05%と大きく上昇。 過去30日ではステータス (SNT)が+71.34%と大きく上昇している。 値下がり率では、過去7日間において、スティーム (STEEM)が-11.85%の下落。 過去30日ではファクトム (FCT)が-16.64%の下落している。 時価総額が100億円以上の仮想通貨の64銘柄のうち、上昇銘柄は36、下落銘柄は28銘柄となっている。 【市場情報】 仮想通貨市場の時価総額:21.22 兆円 24時間売買代金:11.94 兆円 ビットコイン比率:64.2% ▸ 時価総額ランキングを見る 【騰落情報】 上昇率トップ:ホロ (HOT) 価格:0.0375円 24時間変動比:+0.0075(+25.11%) 下落率トップ:ゴーレム (GNT) 価格:4.112円 24時間変動比:-0.131(-3.09%) ▸ 仮想通貨変動比ランキングを見る 【売買代金】前日比トップ3 1位 ビットコイン (BTC) 価格:746,377円 -3,785(-0.5%) 24時間売買代金:約 38,726億円 2位 イーサリアム (ETH) 価格:17,237円 -47(-0.27%) 24時間売買代金:約 15,871億円 3位 ライトコイン (LTC) 価格:4,557.0円 -84.8(-1.83%) 24時間売買代金:約 3,949億円

BCH、ハッシュレート急落

週末のBTC相場は軟調な展開。金曜日に79万円台から73万円台まで値を下げたが、今朝がた78万円台まで値を戻し、上値が重いが底堅い展開が続いている。注目の原油減産を巡るOPECプラスでメキシコの離反で原油価格が反落する中、79万円台で上値を重くしていたBTC相場だが、半減期を無事通過したと思われたBCHでハッシュレートが8割の急減を見せ承認が遅延気味となり、また半減期を終えたBSVが1割以上値を下げ、BCHも値を崩すと、BTCも73万円台に値を下げた。 しかし、一部BTCにシフトしていたとされるハッシュパワーが戻ったこともあってBCH価格が上昇に転じると、BTCも下げ止まり、その後は73-75万円台での横ばい推移となった。その後もG20、OPECプラスを減産交渉が続き昨晩合意に達するとBTCは反発78万円台を付けている。結局7000ドルのストライクの影響か同水準を挟んで上下2-300ドルの幅での取引が続いている。

暗号資産デリバティブ取引所Alpha5がベータ版の公開を5月に予定

Alpha5は現物取引に加えてパーペチュアルスワップ、先物、そして先物スワップなどのオプションを提供していく予定の取引所です。 創業者であるVishal Shah氏はデリバティブ取引の分野に精通している人物となっており、スタッフはCMEやRBSなどの有名企業から雇い入れ、先鋭されたメンバーで運営を行います。 また、Alpha5は世界で初となる保険基金に裏付けられたトークン「A5T」のローンチも予定しています

ビットコインSV $BSV が4月10日9時頃に半減期を迎える、630000ブロックはSBIブロックが採掘

ビットコインSV / $BSVが4月10日9時頃に半減期を迎えました。なお、半減期となった630000ブロック目は日本のSBICryptoがマイニングを行いました。 BSVは8日ごろを境に価格上昇し、1BSV=約190ドルだったものが約230ドルまで上昇しています。

半減期後、ビットコインキャッシュのハッシュレート急落

Coinwarz.comのデータによると、半減期を迎えた8日21時から下落したハッシュレートは1日半経過した10日7時時点でも下げ止まらず、785 PH/sを記録、1 EH/sを下回った。半減期前の3.977 EH/sと比較して80%減の水準、大幅なハッシュレートの低下に繋がっている。 ビットコインキャッシュのハッシュレート下落の影響は、ビットコインとビットコインキャッシュのハッシュレート比率にも及んでいる。7時時点の比率は、99.44%(BTC):0.56%(BCH)。これまでのハッシュレート比率でBCHは4%前後を推移していたことから、差が大幅に拡大した。

仮想通貨ビットコインSVの半減期まで24時間 カウントダウン開始

仮想通貨 ビットコインSV(BSV)のブロック数が、半減期の実行ブロックまで残りブロック数144に到達。平均ブロック時間からの逆算で半減期までの到達時間が24時間を切った。 ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期が8日21時に完了したばかりの仮想通貨市場は、次のビットコインSV半減期に注目が移る格好だ。 BSVもBCH同様、実行ブロック630,000の到達で半減期を迎える。日本時間10日の10時〜13時頃になる予定。ブロック生成速度に大幅な乱れがない限り、約1日で半減期が実行される。

ビットコイン難易度調整完了 

仮想通貨ビットコインが難易度調整を終えた。 前回の難易度調整では、過去最大規模の調整が実行されており、結果は-15.95%と易化。一時、平均ハッシュレートが1月水準まで後退したが、前回の難易度調整を終えたビットコインネットワークは再びハッシュレートを100EH/sを超える水準まで回復させていた。 ビットコイン(BTC)のマイニングデフィカルティは、難化で調整された。新たなデフィカルティ値は「14,715,214,060,656」で、前回比でプラス5.77%で確定した。

分散型仮想通貨取引所Bisq、ハッキング事件を受けて、25万ドル相当のビットコイン・モネロが不正流出

匿名で取引できるDEX取引所Bisq(開発側)は8日、重大なセキュリティ上の脆弱性を発見、一時的に取引を無効化すると発表したが、その後25万ドル分の仮想通貨がハッキングによって盗まれたと報告した。ハッカーはソフトウェアの脆弱性を利用し、3BTC(約2.2万ドル)および4000モネロ(約23万ドル)を盗み出した。報告によると、被害者は7名になるという。 Bisqはあくまで取引を仲介で行なっているため、中央集権式取引所と異なり取引停止はできないが、安全の面で、ユーザーに対して取引をブロックするアラーキー機能を解除しないように促している。 また、アプリケーションのv1.3.0をリリースするまで現行の全取引が完了できない措置をとっている。今後、調査の進捗次第より詳しい情報を公開すると宣言した。

ビットコインキャッシュの半減期後になにが? 2時間のブロック遅延も価格が上昇したワケ

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)は8日、実行ブロック630,000で初めての半減期を迎えたが、状況は穏やかではない。ビットコインキャッシュの半減期から一夜明けた9日、マイナー動向や価格推移の状況が見えてきた。
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android