アメリカのベンチャーキャピタルであるユニオンスクエアベンチャーズは、新設された250億円相当の「2021ファンド」においてその3割を暗号資産関連の投資先に投資することを発表した。