undefined

最新情報筋によると、14日に、仮想通貨取引所Coinbaseの元幹部であり、米国通貨監督庁(OCC)の代理長官Brian Brooks氏は退任することを明らかにした。

Brooks氏は、2020年5月にJoseph Otting氏を引き継いて、米国通貨監督庁(OCC)を率いてきった。同氏は退任した後、OCC最高執行責任者であるBlake Paulson氏は代理長官を委任されるという。

実は、Brooks氏は長官代理として勤務していたが、実質的にOCCトップとして存在している。同氏は仮想通貨関連に多くのガイダンスを発表してきたことで、仮想通貨業界に好意的な人物と知られている。

今度、Brian Brooks氏の退任について、下院金融サービス委員会は以下ような声明を発表した。

「Brooks通貨監督庁代理は、金融技術や規制の近代化、イノベーションの推進のために活躍してきた。在職期間中、彼は真の貸し手の教義を明確にし、合法的な企業が金融システムから締め出されることのないように努めた。」

既報ように、Brian Brooks氏も銀行規制当局がアルゴリズムに不正や偏りがないかどうかを評価する方法を学ぶことで、新たな規制を構築すると主張した。

しかし、暗号資産に関するのガイダンスを強調しすぎるために、Brooks氏ははCOVIDの救済に焦点を移すべきであると主張した民主党議員で批判された。今度の退任もこれに関連があるだろう。今後、新長官が務めた後、OCCは仮想通貨への態度は変えるかも注目を集めている。