undefinedビットコイン売却圧力がまだ大きい

仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は、今週に約33,000ドルまでに急落し、過去一ヶ月を維持した上昇トレンドは突然に中止したようだ。執筆時点でビットコイン価格は32500ドル付近に推移されている。
undefined暗号資産分析企業CryptoQuantのKiYoung Ju CEOは、ツイッターで「昨日から現在まで何も変わっていない。マイナーはビットコインを売却しており、大額な資金がビットコイン市場に流入していなく、コインベースなどの仮想通貨取引所から大口出金しない。また、15,000 BTCが取引所に流入したため、2度目の売却が見られる可能性がる」と指摘した。

暗号資産メディアThe BlockのリサーチディレクターであるLarryCermak氏は、「BitstampとCoinbaseなどの取引所では、36,600ドルのレベルにまだ多数の売り壁があると指摘した。これレベルは、ビットコインにっとて、大きなレジスタンスレベルを示している。

現在、ビットコインの価格は調整しているものの、市場の取引はまだ活発だ。暗号資産調査会社メッサリのデータによると、ビットコインの24時間の取引量は約223億ドルであり、価格暴落で一時にサービスの中断にもかかわらず、コインベースの取引量は依然として約35億ドルに達している。

最近の市場動向に関して、ビットコインの反対者として億万長者であるマークキューバン氏は、現在の暗号資産市場は「インターネットストックバブル」のようなものであると指摘した。

しかし、同氏は、またインターネットバブルはほとんどのインターネット企業の株式状況に良い結果をもたらさなかったものの、いくつかの企業は依然として自由且つ合法的な企業になったと指摘した。「ビットコイン、イーサリアム、および「その他の暗号資産」の時価総額とアプリケーションが成長し続けるにつれて、それら通貨は同様の軌道にたどる可能性がある」とコメントした。

現在、ビットコインは調整しているが、長期的には依然として強気だ。RufferInvestmentの会長であるJonathanRufferは、「ビットコインは、スーパー通貨として金の地位に挑戦している。法定通貨の価値が崩壊したとき、スーパー通貨が必要だ」と述べた。