undefinedゴールドマンサックスアナリストの見解

大手大手投資銀行ゴールドマンサックスのアナリストのJeff Currie氏はCNBCとのインタビューで、10年以上にわたる極端な価格変動した後、ビットコインは資産クラスとして成熟し始めるという見解を示した。

同氏は、ビットコインの卓越したパフォーマンスがより多くの機関の関心を引き付けていると指摘したが、経験豊富な投資家は依然として市場全体のごく一部しか占めていない。 ビットコイン市場は、株式やコモディティ市場に比べては新興市場であるため、ボラティリティが依然として高く、価格が安定的になるためには、さらに多くの機関投資家マネーが必要だとした。

CNBCは番組で、ここ数日で約42,000ドルから30,100ドルまで暴落、その後36,600ドルまで急反発した市場を紹介し、高いボラティリティを反映していると指摘した。

Currie氏はビットコインに対して「市場はより成熟し始めていると思う」と述べ、「高変動性とそれに伴うリスク」は新しい資産に共通していると付け加えた。

「市場安定のためには、機関投資家参入が増加することが必要不可欠だ。現在約6,500億ドル規模(時価総額)のビットコイン市場では、機関マネーの流通量は1%ほどに留まっている。」

昨年、ウォールストリートの著名人がビットコイン市場に参入し始めた。

伝説の投資家とも呼ばれる米国の著名ヘッジファンドマネージャーPaul Tudor Jones氏と米著名投資家StanleyDruckenmiler氏がビットコインを投資したほか、MassMutualやRuffer InvestmentCompanyなどの企業も大量のビットコインを購入した。

先月、AnthonyScaramucci氏が率いているヘッジファンドSkyBridgeCapitalは、新しいビットコインファンドの立ち上げを米国証券取引委員会に申請した。この前、MicroStrategy、Grayscale、PayPal、Squareなど大手企業は、既にビットコインに数百億ドルを投資した。

ビットコイン市場の成長や、更に多くの機構投資家がビットコイン市場への参入するにつれて、ゴールドマンサックスは、ビットコインと暗号資産の認識を既に変えた。同社は、デジタル通貨の専門家を含む人材を強化するだけでなく、マクロヘッジとしてのビットコインと金の平和的共存に関するガイドラインも発行した。