undefined

最近、暗号資産ビットコインの価格は、新記録を更新し続ける止められないようだ。また、イーサリアムなどアルトコインが高騰しているとともに、分散型金融(DeFi)も一歩に成長する。DeFi Pulseの統計によると、現在DeFi業界にロックされている総額は150億ドルに達したことが分かった。

確かに、2020年に、DeFi業界は驚くべき速度で成長し、プロジェクトに数十億ドルが投資される。具体的には、この分野で最大のプロジェクトのMaker、Aave、Compoundは30億米ドル、20.8億米ドル、及び20.7億米ドルにロックされているという。

また、CoinMarketCapのデータによると、Makerは市場の20%を占めていて、そのトークンMKRの価格は612.46ドルで記録された。ほかのAAVEとCOMPはそれぞれ86.50ドルと141.98ドルだった。

昨年爆発したDeFiは急速に成長しているため、バブルと呼ぶ人もいる。20年8月後、DeFiは減速するにもかかわらず、この分野への関心は依然として高まっている。特に、昨年のこの時点で、DeFi業界でロックされた金額は6億8900万ドルで、 2077%増加しておりロックされた総額は10億ドル増加した。

とはいえ、投資家はDeFi分野から豊富な利益を得ることができるために、DeFiプロジェクトへの関心が急上昇しているに関連すると考えられる。 一方、DeFi分野でより多くのプロジェクトの誕生につれて、より多くの人が注目を集めていると見込んでいる。