undefined

24日に、ロイターの報道によると、2021年度予算案と一体化している新型コロナウイルス追加経済対策法案の修正を巡り与野党の攻防が続き、修正には至らなかったことが分かった。

前回、民主党は国民への現金給付金の1人当たり600ドルから2000ドルへの引き上げを求めたが、共和党が反対態度を示した。トランプ大統領は国民への現金給付金の引き上げや無駄な支出の排除などの修正を求め、現行のままでは署名しないと表明している。

一方、共和党はトランプ大統領が求めていた対外援助額の変更を目指したが、民主党が阻止した。

数週間前に、議会協議の膠着を破るために、超党派グループは9000億ドル規模の追加経済対策を提案し、トランプ氏に現行法案への署名を求めた。

「同法案は苦境にあえぐ家計、失業者、打撃を受けている中小企業、逼迫する医療体制、圧迫されている学校、その他の多方面に緊急に必要とされる支援を届けるものだ」。

しかし、現時点で、トランプ氏は大半が大統領選の不正に関する主張で、予算案に触れたものはなかった。下院はクリスマス休暇のため、28日に、下院のペロシ議長は給付金を増額する単独法案の採決採決手続きを再開する予定であるという。

実は、米国市民は政府が給付された現金を使用して、ビットコインを購入することも報道された。そして、今度の経済経済刺激策が実施できるかどうかも仮想通貨業界で大きな注目を集めている。うまく実施されば、ビットコインは一歩に上昇する可能だと予想する。