undefinedZOZOの創業者前澤友作氏が第2の創業が発表

衣料通販大手のZOZO(ゾゾ)の創業者である前澤友作氏が「電子決済サービス」に関する新事業としてを近いうちに立ち上げる予定されているが明らかにした。この新事業には暗号資産(仮想通貨)交換業大手の経営幹部も参加すると伝えらている。

前澤友作氏は大手衣料通販大手ZOZOの創業者として知られる実業家であり、前澤氏は昨年9月にZOZO社長を退任した後に、Twitterで「ゼロから新事業を起こしていく予定であること」を明かした。

現在までには仮想通貨(暗号資産)やビットコインに関するものかはわかっていないが、仮想通貨取引所ディーカレットでCTOを務める白石陽介氏が11月から参画する予定だと報じられているほか、前澤氏は自身のツイッターアカウントや公式サイトでも第2の創業情報も報告している。

前澤友作氏の新事業に暗号資産交換事業の経営幹部陽がも参加するとの情報から、将来的に仮想通貨・ブロックチェーンに関係するフィンテック関連サービスを視野に入れている可能だ。ただし、現時点で白石氏がどの様に事業参画するかは明らかになっていない。

同事業では19日23時59分まで初期メンバーを募集している。前澤氏は2020年10月3日のツイートで「お金のFintech事業をゼロから一緒に立ち上げる初期メンバーを募集していることも明らかにした。

undefined

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに