貯蓄資産、今後は「ビットコイン(BTC)」で保有へ

カナダ・オンタリオ州の都市ロンドンで3つの店舗を立ち上げている地中海料理店「Tahini's Restaurants(タヒニス・レストラン)」は2020年8月19日のツイートで、同社が貯蓄していた全ての法定通貨を「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」に交換したことを明らかにしました。

Tahini's Restaurants(タヒニス・レストラン)はカナダ・オンタリオ州で3つの店舗を展開している地中海料理店であり、「世界最高峰の地中海料理店」として中東料理の店舗販売・ケータリング・オンライン販売を手掛けています。

同社はこれまで貯蓄していた全ての資金を法定通貨で保有していたものの、2020年8月19日のツイートではこれらの準備金を全てビットコイン(BTC)に交換したことが報告されています。

As a small company that started in London Ontario Canada we operate 4 corporate locations and 3 Franshise locations about to open up in Ontario. We just converted our entire cash reserves that were originally used as savings into #Bitcoin Time for thread 👇🏽👇🏽👇🏽

— Tahinis Restaurants (@TheRealTahinis) August 18, 2020

カナダのオンタリオ州ロンドンで創業した小さな会社として、オンタリオ州に4つの法人事業所と3つのフランチャイズ事業所を開業しています。私たちは貯蓄として保管していた全ての準備金をビットコインに交換しました。

同社は全ての法定通貨をビットコインに交換した理由として「カナダ政府が開始した新型コロナウイルスに関連する企業支援プログラムで大量の現金が印刷されたことによって、現金に魅力がなくなったこと」を挙げており、同社のオーナーであるOmar Hamam(オマール・ハマム)氏は『世の中に現金が溢れることになれば、最終的に法定通貨は価値を失うことになる』と指摘しています。

ビットコインは現金貯蓄よりもはるかに良い手段

金融やビットコインに関する知識をつけるために、Saifedean Ammous氏の著書「The Bitcoin Standard」や、ストックフローモデル(S2F)を提唱する著名アナリストPlanB氏の記事、仮想通貨投資会社Morgan Creek Digitalの共同設立者であるAnthony Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏の意見などを参考にしたというハマム氏は、最終的に『ビットコインは現金を貯めるよりもはるかに良い手段である』との結論に達したと述べています。

新型コロナウイルスの影響で米国とカナダの両政府が大量の現金を印刷したことによって私たちの準備金は膨らみ、ビジネスは再び活況を呈していました。しかし、現金に魅力がないことは明らかでした。結局のところ、余分な現金が出回ることになれば、最終的には現金の価値が下がってしまいます。

私たちが全ての準備金をビットコインに交換すること決めた理由はここにあります。ビットコインは現金を貯めるよりもはるかに良い代替手段であるため、今後も数年間、法定通貨の必要性がなければおそらく永遠にビットコインを積み立て資産として扱い続けていきます。

新型コロナウイルスによる経済的打撃を受けたことによって、私自身も金融・経済について学び始めました。 ビットコインのコミュニティでは『ビットコインに手を出すのであれば、少なくとも7回以上は勉強しなければならない』と言われていますが、確かこれは100%正しいと言えるでしょう。

ビットコインを「価値の保存手段」として支持する企業などは徐々に増えてきており、今月12日にはNASDAQ上場企業である「MicroStrategy(マイクロストラテジー)社」が約260億円相当のビットコインを購入したことなども報告されています。

法定通貨は状況によって大量に新しい紙幣が発行される可能性がありますが、ビットコインの総発行枚数は2,100万枚と決まっているため「Tahini's Restaurants」のようにビットコインを準備金として保有する企業が増加すれば、ビットコインの価値はさらに高まり、価値の保存手段としての機能性も高まっていくことになると期待されます。