北米で初の承認を受けたビットコインETF(上場投資信託)の資産運用残高が、上場後わずか2日間で4億2180万ドル(約445億円)を超えた。

パーパスインベストメント(Purpose Investment)が運営するビットコインETFは18日、カナダのトロント証券取引所に上場。証券コード(ティッカー)は「BTCC」。初日の取引は1億ドルを超えた。

ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリスト、エリック・バルチュナス氏は、パーパスインベストメントのBTCCの残高は1週間で10億ドルを超える可能性があるとツイッターでコメントした。

19日、もう一つのビットコインETF「Evolve ETF」がトロント証取で取引を開始した。証券コードは「EBIT」で、現在の資産運用残高は127万ドル。運用手数料は両ビットコインETFともに1%。

|編集:佐藤茂
|画像:Shutterstock

【あわせて読みたい】ビットコインとは
ビットコイン 購入
ビットコイン取引所

Related Posts

欧州委 、Facebook「リブラ」の「反競争的行為の可能性を現在調査中」:ブルームバーグ報道欧州委 、Facebook「リブラ」の「反競争的行為の可能性を現在調査中」:ブルームバーグ報道米Bitwise、ビットコインファンドの認可取得へ──グレイスケールに対抗米Bitwise、ビットコインファンドの認可取得へ──グレイスケールに対抗野村が資産管理アプリ、日銀がCBDCの技術課題のレポート発表──6/28(日)-7/4(土)の暗号資産・ブロックチェーンニュース野村が資産管理アプリ、日銀がCBDCの技術課題のレポート発表──6/28(日)-7/4(土)の暗号資産・…GMOが日本円ステーブルコインを発行へ、BTC300万円に迫る──12/26〜1/1の暗号資産・ブロックチェーンニュースGMOが日本円ステーブルコインを発行へ、BTC300万円に迫る──12/26〜1/1の暗号資産・ブロックチェーンニュースりそなHD、大和証券Gなど選出──経産省と東証が「DX銘柄2020」を選定 注目銘柄にはSMFGや東海東京フィナンシャルHDりそなHD、大和証券Gなど選出──経産省と東証が「DX銘柄2020」を選定…