undefined

ここ数年、仮想通貨の発展拡大するにつれて、より多くの人々に知られている。特に、ミレニアル世代の間に、ビットコインなど仮想通貨への信頼感が高まっている。最新の調査によると、中高年齢層もグローバル決済システムにおける仮想通貨とブロックチェーンのを認識し始めたようだ。

デジタル決済プラットフォームのWirexは3週間にわたって、81%は欧州居住者で、17%がアジア太平洋地域の居住者を対象として、調査を実施した。

undefined結果に見れば、回答者の86%が仮想通貨を使用しても安全だと感じていることがわかった。

また、Wirexとステラ開発財団はブロックチェーンがデジタル決済で使われている最新のトレンドを理解をすること目指していて、共同でレポート作成した。

このレポートは89ヵ国の3834人の調査結果が含まれている。データによると、すべての年齢層でブロックチェーンのメリットを享受できると指摘している。とはいえ、年齢という要素はブロックチェーン技術の採用で壁とはならないようだ。

一方、調査回答者の60%近くが45歳以上であり、多くの人がブロックチェーンを利用した支払を試みていると回答した。仮想通貨の利用について、45歳から54歳までの回答者の30%以上が利用していたという。

これに対して、Wirexは「最大1000ドルの高額の送金を行う場合、従来の送金サービスの代わりとしてデジタル資産活用を検討する可能性が高い。」と指摘した。

今後、業界が成熟しつつあるとともに、より多く人も信頼を取って、一歩に利用拡大されていることも期待している。