undefined

欧州中央銀行の総裁であるChristine Lagarde氏は、欧州連合における各加盟国は、現金の補足としてデジタルユーロの利用を積極的に推進することを呼びかけている。

最近のテレビ番組で、同氏は法定通貨のデジタル化についてインタビューを受けた。

Lagarde氏は、時代の変わりにつれて、新しいイノベーションに備える必要があると指摘した。また彼女は、国際貿易の形式が過去数十年間で急速に変化していたため、新し金融いシステムを確立する必要があり、中央銀行はこの点でより重要な役割を果たすと話した。

現在、世界各国に対してグローバル金融市場のデジタル化を理解することは大事である。経済のデジタル化により、デジタル通貨の使用が大幅に促進され、それによる1日あたりの取引量は数兆ドルに達している。

同時に、新型コロナウイルスの感染拡大はデジタル通貨の使用をさらに加速させており、ユーロゾーンにおいて昨年デジタル通貨の決済額が8.1%増加している。今後の5年間で金融サービス業界に大きな変化をもたらすかもしれない。

デジタルユーロの導入は、外貨との取引を改善することにより、グローバル金融市場市場におけるユーロの流動性を改善することができる。また、 欧州中央銀行が通貨発行の主権を引き続き確保するためには、デジタル通貨の導入も必要である。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com