undefined

先日マスコミの報道によると、米国を拠点とする世界的に有名なピザチェーンであるPizza Hut は、ベネズエラのすべての店舗で暗号通貨の支払いを受け入れ始めていることが分かった。

暗号サービス会社CryptoBuyerは、11月27日のTwitterに、南米において、Pizza Hutを含まれている20,000軒を超えるショップで、食べ物や飲み物の支払い方法として仮想通貨を受け入れていると投稿した。

地元の報道機関ElAxiomaとのインタビューで、Pizza Hutのベネズエラ事業担当ゼネラルディレクターであるRichard ElKhouriは、「今日のPizza Hutは、仮想通貨による支払方法のような技術進歩から切り離すことはできない。また現代の若者を教育して技術の発展に対応することが大事である」と述べていた。

Pizza Hutは、ベネズエラの首都カラカスだけでなく、マラカイやバルキシメトなど各都市にも店舗を構えており、CryptoBuyerのアプで、顧客はPizza Hutの各支店でピザを購入する時、ビットコインんを支払い手段として利用することができる。

CryptobuyerはPizza Hutの他に、米大手ファストフード会社バーガーキングやTamanaco Intercontinental ホテルなどの企業と協力し、仮想通貨決済を支援している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com