ロックされたETHの出金解決法

ビーコンチェーンが稼働したイーサリアム2.0において、ステーキングデポジット時に長期間ロックアップされるデメリットを解消すべく、いち早く出金できるソリューションが提案された。大手取引所の一部は、独自の代替トークンを発行して流動性提供策を講じる。

イーサリアム2.0のコア開発者Danny Ryan氏は、早ければ21年1Qにも約8割のステークETHを出金することを可能にする改善案を提出した。

現在、ビーコンチェーンには約560億円に相当する925,314ETHが入金されているが、イーサリアム2.0の仕組み上、先のフェーズまで約2年間ロックアップされたままになるというデメリットがある。フェーズ2までの道のりで技術的な課題点が発生した場合は、ロックアップ期間がより長くなる可能性もあるため、投資家の躊躇につながっている側面が否めない。

出金を早める提案とソリューション

Ryan氏の提案はビーコンチェーンに特化した「出金コントラクト」を作成するというもの。この方法では、入金されたETHの8割以上の出金可能にするという。コントラクトコード。

Ryan氏の提案を用いて、入金されたETH及び報酬のETHを出金する機能を実装予定のステーキングプールは、Rocket Pool。Rocket Poolは、複数の投資家から一つのノードを運用するために必要な32ETHを集めてステーキングサービスを提供。現時点では、出金機能が実装されるまでステーキングサービスを開始しないとしている。

Rocket Poolの創設者David Rugendyke氏はRyan氏の提案について、「イーサリアム2.0は出金機能に対応しないが、ステーキング環境を民主化するため、サードパーティプロジェクトはバリデータの出金鍵を中央集権的管理者に管理させる必要がある。トラストなどのリスクが発生しかねない」と指摘し、「Ryan氏の提案は非常に素晴らしい。必ず支持する」と前向きな意向を示した。