undefined

昨夏のDeFiブームは9月に入った後、消えたようだが、最近では、DeFiが再びホットスポットになりつつある。業界リーダー間の合併、ロックされている総額増加、およびトレーダーの参入が背後にある主な推進力だと考えられる。

Messariのデータによると、過去30日間に、大部分のDeFiトークンが20%以上上昇していることが分かった。特に、MKR、SNX、及びSushiSwapのSUSHIトークンが100%以上増加したという。

また、1月1日から1月9日まで、主要な暗号資産の価格が上昇しているとともに、暗号資産市場全体にプラスの影響を及ぼした。この影響を受け、DeFiのロックされた総額は230.92億米ドルに上昇して、過去最高値を更新した。

また、過去のデータによると、ビットコインとイーサリアムの価格がリバウンドするために、一部の投資家は利益を最大化する方法を探しており、再びDeFiへ目を集めている。これもDeFiトークン価格が最近で高騰していることを説明することができる。

一方、いくつかトップのDeFi契約間の協力と合併も新しい資金をこの分野に引き付けている。2020年12月初旬、DeFiプロジェクトであるYearn.financeとSushiSwapが合併を発表したことも報道した。これを通じて2つの契約はリソースの開発と流動性プールの統合など面で一歩に向上している。

これらに加えて、コミュニティをより安全で効率的なユーザーエクスペリエンスの作成に役立つといえる。この場合、DeFiのもう一つトップのプロジェクトYFIの価格が2020年11月26日の18,255ドルから2020年1月9日の39,990ドルに押し上げると記録された。

今後、高速で低コストのチェーン拡張へ模索しているとともに、第2層ソリューションに焦点を当てているDeFiトークンが大幅に上昇していると予想する。