undefined最近、DeFiアグレゲータープラットフォームYearn.financeのネイティブトークンYFIは再び大きな注目を集めている。2020年9月に発生した寿司騒動(Sushiswap)の影響でYFIが暴落したが、18日に、40,260ドルまで回復していた。

undefinedYFIは最大発行上限の希少性から市場価格でビットコインと同じような価格帯にある。最大発行上限は30,000枚に限定されており、ビットコインの2100万枚と比較しても極めて少ない数値といえる。

また、YFIのローンチでは、ICOによる資金調達を実施する通常銘柄と異なり、開発者側にトークンをあらかじめ付与しない仕組みを取っており、すべてはイールドファーミングによって発行されていた。

イールドファーミングとは、需給バランスによって常に変化する利率に応じて流動性の提供先を変え、最も大きなリターンを得る取り組みである。

今度、YFIの価格上昇はフェアローンチと発行数の制限に関連することも挙げた。

しかし、限定された発行数という仕組みでは、デメリットも伴う。最近、一定のロックアップ期間を設けて、1,000YFIを追加で発行し、開発者とコントリビュータに付与する提案が提出されており、詳細は検討中にあるという。