undefined今日、ニュージーランド準備銀行の副知事は中央銀行デジタル通貨についての研究を続けているが、CBDCを発行する計画はないことを明らかにした。

BIS決済銀行のレポートによると、世界中の中央銀行の80%以上がCBDCを調査していることを示した。Christian Hawkesby氏はスピーチで、各国がCBDCを選択する理由をまとめた。同氏によれば、現金の使用が減少しているため、多くの人々が金融システムに入ることを妨げている。また、外貨と民間通貨が人気になりつつあるようだと述べた。

なお、 Hawkesby氏は中央銀行がCBDCを研究しているが、大部分の国は短期的にCBDCを発行する計画がないと話した。特に、銀行の提案では、CBDCを暗号資産として説明することはめったにないが、ほとんどは分散型台帳技術からインスピレーションを得たようだと言及した。

一方、現金は労働資本の7〜9%しか占めておらず、ニュージーランド人の6%は現金に依存していることが分かった。さらに、現在では、中国はCBDCを大規模に発展していて、バハマなど国も政府によって検討されていることも報道された。

しかし、Hawkesby氏CBDCが当面発行しないで、その開発研究を注意し続けていると強調した。とはいえ、現在ニュージーランドはCBDCに対してはまだ研究段階に留まって、将来はどのように発展するかまだ不明点がある。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com