undefined2020年10月26日に、慶應義塾大学が国内企業5社と連携して、ブロックチェーン技術を活用した次世代デジタルアイデンティティ基盤の実証実験を開始したことを発表した。

今度の発表によると、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、Japan Digital Design株式会社、株式会社ジェーシービー(JCB)、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)、BlockBase株式会社5社が今度の実証実験に参加しているという。

各種証明書をオンラインで入手する背景

最近では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、各大学では授業や窓口での各種手続きのオンライン化が進んでいる。

そして、在学生や卒業生への各種証明書などの発行手続きもオンラインで完結できるようにするための仕組み作りが必要だと考えられる。

デジタルアイデンティティ基盤の検証

今度の実証実験では、慶應義塾大学の学生を対象として、在学証明書や卒業見込証明書などをスマートフォンアプリへと発行する次世代デジタルアイデンティティ基盤の検証が行われる。

また、各種証明データをオンライン上で確実に検証できるようにするために、現在標準化が進んでいる汎用化されたデジタル証明書技術「Verifiable Credentials(VC)」や、「Decentralized Identifiers(DID)」の技術が活用されている。

undefinedこれを通じて、大学窓口での身分証提示や書面手続きなどを行わずにオンラインで各種証明書を入手できるという。

一方、前回、慶應義塾大学は就活での学生と企業のやりとりにブロックチェーン技術を取り入れた。今回は就職活動を行う学生に対してスマートフォンアプリでの卒業見込証明を発行し、採用企業に成績証明書や卒業見込証明書を提供することも視野に入れていると報告されている。

今度は2020年10月〜2021年2月までの期間で"実証実験に向けたID基盤の開発"が行われ、2021年3月から一部シナリオでの実証実験が開始されると予定だ。今後はブロックチェーン技術を活用して、より便利なサービスを提供するのも期待している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com