undefined仮想通貨(暗号資産)ビットコイン市場は28日13800ドル高値に到達した後、13000ドルまでに急落しており、執筆時点で13200ドル近くに推移している。
undefinedビットコイン市場の下落する背景は、ステーブルコインの流入不足や米NYダウ市場の続落などのことを考えている。

ステーブルコインの流入不足

ステーブルコインテザー(USDT)は、仮想通貨市場の取引量の大部分を占めているため、ステーブルコインの流入は、買い手の需要を測る正確な指標となっている。取引所の取引データによると、テザーの1日の取引量は主要な取引所で590億ドルを超えているため、Tetherは世界市場で最も取引されている仮想通貨と考える。
undefinedビットコインが下落する一週間前に、クリプトクオントのCEOであるキ・ヨンジュ氏は、「取引所にステーブルコインを預ける人が減っている。BTCの購買力は短期的(72時間)に弱まっている」と述べた。

最近、ビットコイン価格の高騰で、買い手と売り手が激しく競争しており、ステーブルコインの流入量が低下していることで、ビットコイン急落の引き金となっている可能性が高い。

米NYダウ市場の続落

最近、欧米圏で新型コロナウイルスのパンデミックがさらに拡大したことを受け、リスクオフに傾いた株式市場が、4日続落となり、前日比943ドル(3.43%)安もの下げ幅を記録した。

11月3日に控える米大統領選挙を前に、官製相場で過熱していた株式市場に大きな影響を与える可能性が高い。バイデンが当選する場合、この前トランプ大統領が主導してきた米株市場の官製相場、及び金融政策、税制面における変革も予想されることで、緊張感が強まっている。

そのため、市場の不安心理を示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のVIX(恐怖指数)も急上昇し、40を上回る水準となった。
undefined今年に入って、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、ビットコイン市場は米株との関連指数も益々高くなっていることで、株市場の不安定もビットコイン市場に重大な影響を与えるだろう。

複数年のレジスタンスエリア

最近、PayPalの参入の影響でビットコイン市場も今年の13800ドル最高値に到達した。多くのトレーダーが13,875ドルレベルを短期的に重要なレジスタンスエリアとして指摘した。

ビットコインが反発しないで13,875ドルを超えて上昇し続ける場合、それは大規模な過熱の原因と考えられる。中期的には、上昇により大きな反発があり、「これが地獄のロウソク足」と呼んでいるアナリストもいる。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに