undefined最新の情報によると、24日に、イーサリアム2.0のビーコンチェーン起動に必要なデポジット数である524288ETHが達成されたことが明らかにした。

undefined直近では、Dune Analyticsの統計によると、イーサリアム2.0のデポジットは95,648ETHであり、18%を占めるだけために、1週間遅れる可能性が高いと懸念されていた。しかし、過去14時間で20万ETH以上が一気に送金されたという。

undefinedそして、イーサリアム2.0は設定されていた12月1日にローンチ予定する。今後の時間予定は以下のようだ。

フェーズ0:2020年(バリデータを管理する「ビーコンチェーン/Beacon Chain」実装)

フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン」実装)

フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)

フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)

とはいえ、イーサリアム2.0は、PoSへの移行や、バーチャルマシンの変更、シャーディング等を含む大規模なアップデートだ。特に、DeFi市場が急拡大する中で必要なネットワークの処理速度を大きく改善するのも期待している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com