undefinedブロックチェーンで新型コロナワクチン接種者を追跡

ブラジル法務・公安省がYouTubeで開催した最近のウェビナーで、同国保健省のシステム開発コーディネーターであるElmo Raposo Oliveiraは、ブラジルは現在、新型コロナウイルスのワクチン接種者を追跡するため、ブロックチェーンベースのシステムである「National Health Data Network(RNDS)」の使用を計画していることが明らかにした。

同氏によれば、ブロックチェーンフレームワークの「ハイパーレジャー・ファブリック」を用いて構築された同システムは新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けた人物を全て記録するという。

Oliveira氏は「RNDSの目標は、ヘルスケアネットワークのさまざまなポイント間での情報交換を促進し、公的部門と民間部門の医療サービスを継続できるようにすることだ」と説明した。

報道によると、このシステムは感染症例とワクチン接種の追跡、データ効率化と明確化を達成することができるという。 RNDSには、受けた治療履歴や投薬履歴など、他の患者情報も含まれている。

実は以前、ロイターの報道で同国はワクチン接種を義務付ける可能性が低いことが明らかになった。中南米専門の通信社メルコプレスは9月9日の報道では、全国的なCOVID-19ワクチンの接種は2021年から開始することが予想した。

現在、ブラジルはオックスフォード大学が英国の製薬会社AstraZeneca(オックスフォードワクチンとして知られている)と共同で開発したCOVID-19ワクチンを要望している。 一方、CoronaVacと呼ばれる中国より開発したワクチンにも焦点を当てている。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに