undefined1万ドル以上日数が17年のバブルに次ぐ

仮想通貨(暗号資産)ビットコインの価格は7月27日後、1万ドルを突破した。本日まで1万ドル以上続ける状態は30日目となっている。これも今度は2017年バプル時期1万ドル以上を維持した最も長い時間(63日)以来、2番目に長い期間に相当する。

仮想通貨分析企業の幹部は「現在投資家は、デジタル資産や投資関連のプロジェクトが、より長期的に利益を得られるような環境を作ろうとしている」と主張した。

特に、分散型金融(DeFi)ブームを受け、DeFiプロトコルに精通する大口の個人投資家だけでなく、投資企業などの機関投資家もDeFiセクターに注目し始めている。

大規模な仮想通貨インデックスの立ち上げを計画しているPhutureDAOの創設者は、「最近のDeFiブームを皮切りに、BTCやその他の市場にも恩恵が波及していることは明白だ。BTCに新しい資金が流入することがよくあるが、これは単なる序章にすぎない」と述べた。

大口投資家アドレスが最高に

また、ここ数週間ほどで1000BTC以上を保有するクジラ(大口投資家)アドレスの数が2088件前後に急増した。

過去のデータから、クジラによる積極的な蓄積は、新たな強気サイクルの始まりであることが多い。クジラは大量のビットコインを保有するため、流動性が高い状況を追う傾向がある。最近のビットコイン市場は12000ドルから下げ、執筆現時点に11300ドル近くに推移していることで、堅調的な市場が継続している。

undefined

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに