undefined20日に、韓国の大手ITメディアIT Chosunのインタビュー記事によると、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを展開するLINEが、中央銀行デジタル通貨の開発支援に乗り出すことがわかった。このような非金融企業の大手がCBDC開発の支援に乗り出すのは、世界初の事例だ。

発表によると、Lineは、独自のブロックチェーンプラットフォームのスケーラビリティや安定性など維持しながら、さまざまな中央銀行のニーズを反映する形式で「カスタムCBDC」の開発をサポートすることを目指しているという。 

現在では、新型コロナウイルスの感染拡大で注目度も高まりつつあるために、CBDC開発支援については、リテール(小口)決済用のCBDCをメインに据えるとしているようだ。

現時点に、ラインの関係者はどの国へ支援するかまだ不明だが、アジアの主要国の中央銀行とブロックチェーンプラットフォーム技術の適用する予定だと述べた。

これに対して、Unchainのイ・ホンギュ代表は「銀行を介さない、誰もが口座を作ってCBDCを活用する時代が来る。それは、アジアを足掛かりに世界へ広がっていく」と話した上で、CBDC分野は未だ先例がなく、ラインがその役割を担うことが良いと判断したとコメントした。

さらに、ラインはアジアから世界へと拡大する戦略も明らかにして、CBDCへどのような影響をもたらすかのも注目している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com