undefined中国人民銀行(PBoC)は、22日にWeChatに国境を越えた資本の流れにテーブルコインUSDTを使用した違法なオンラインギャンブル活動を取り締まったと公開した。

中国本土ではギャンブルやカジノは違法であり、暗号資産(仮想通貨)がギャンブル管理に広く使用されているため、資金の追跡が困難であると指摘した。

中央銀行によると、これらのサイトは通常、海外のサーバーを介して設定され、国内のユーザーが中国の資本管理を迂回して海外に送金できるようにするためのさまざまな方法を採用している。

最近のある事例では、広東省恵州市にある人民銀行支店が、地元警察が3つのギャンブルサイトを取り締まるのを助け、国境を越えた取引でUSDTを使用して収益の資金洗浄を行ったとして77人の容疑者を逮捕した。洗浄金額は、約1億2000万元(約19億円)にも上った。

WeChat投稿によると、「この事件は銀行振込だけでなく仮想通貨も含み、層を介してマネロンが実施されていたため、資金の追跡は非常にとらえにくい」と述べた。

こうした状況でOTC取引への取締りも強化されており、OTC業者の口座が凍結される事例がみられている。人民銀行は数ヶ月前より民間銀行と不正取引の取締りで連携を開始したとされており、顧客審査の一環で、仮想通貨OTC取引に関連する銀行トランザクションも対象に入った。

仮想通货取引所が法律で禁止されている中国国内では人民元からUSDTなどへ変えるための主要経路としてのOTC取引は仮想通货取引引を支える重要な経路となっており、影响も悬念されているところだ。

人民銀行は、このよな違法行為を取り締まるための対策についても言及しており、民間の商業銀行に①毎日のリスク監視システムとビッグデータリソースを統合、②ギャンブルが疑われる取引の監視モデルを確立、③違法な取引の特性についてインテリジェント分析、④アカウントの資金取引のすべての側面を完全に監視などの点から指導している。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに