undefinedビットコイン(BTC)のクジラクラスターは、BTCが10,700ドル以上に回復した後、BTC価格が短期的に反転する可能性があることを示唆している。

過去2日間で、BTC価格は主要な取引所で10,135ドルから10,735ドルまで、約6%上昇した。クジラのクラスターは、大規模な投資家がビットコインを蓄積し、かなりの期間にわたって保有物を費やしたり、移動した入りしないときに形成される。これは通常、クジラがBTC価格が短期的に上昇すると予想していることを示している。

The hourly map of Bitcoin whale clusters

ビットコインのクジラクラスターの時間別マップ. 出典: Whalemap

クジラの活動を追跡するオンチェーン分析企業であるWhalemapは、クジラクラスターとして10,407ドル、10,570ドル、および10,667ドルを特定した。短期的には、BTCが10,700ドルを上回っている場合、この3つのレベルが潜在的なサポート領域として機能する可能性がある。

BTC市場の地合いは楽観的に

Whalemapのアナリストによると、ビットコインは10,407ドルを防衛できれば、強気のトレンドを維持することができる。

アナリストは、最近の急騰から市場のセンチメントが改善しているため、この傾向は「強気派が勝った」ことを示唆していると強調した。次のように説明している。

「強気派が勝っているようだ。10,407ドルや10,570ドルといったサポートがあり、ボリュームプロファイルでは10,500ドルがサポートとなっている。強気を維持するためには、10,470ドルを下回ってはいけない」

最近のビットコインの値動きの興味深い不規則性の1つは、金(ゴールド)とのデカップリングが発生していることだ。金は過去24時間で0.32%下落となっているが、ビットコインは10,700ドルを超えて回復した。

オンチェーンアナリストのウィリー・ウー氏は、デカップリングはビットコインの勢いが強まっていることを示すものだと述べている。

「ビットコインはすぐに伝統的マーケットからデカップリングするだろうが、従来の投資家によるヘッジ手段としての認識が変化するのではなく、その採用によるS字型カーブ(スタートップスタイルの成長)によって推進される」

ビットコインの上昇トレンドを後押しする様々なテクニカル的要因に加えて、現在のファンダメンタルズは短期的にポジティブな見通しを示唆している。

グラスノード(Glassnode)のデータによると、9月はじめにビットコインアドレスの数が急減していた。それにもかかわらず、グラスノードのアナリストは、このデータはネットワークのファンダメンタルズに関係しておらず、影響は与えてないと述べている。

「1ドル以上のBTCを保持するビットコインアドレスの最近の減少は問題ではない。ネットワークのファンダメンタルズとの関連はない。これは取引所内部でクリーニングを行い、別々のアドレスにある小さなUXTOを1つに統合しているに過ぎない」

次のBTC価格の値動きは?

仮想通貨トレーダーのエドワード・モラ氏は、強気の継続を確認するには10,830ドルを超えて上昇する必要があると考えている。

BTCが10,830ドルから反落し、10,500ドル以下に戻った場合、9,800ドルから10,830ドルのレンジ内でBTCが長期間にわたって停滞する可能性があると述べている。

モラ氏は、BTC価格が10,830ドルを上回れば、11,200ドルのレジスタンスを再び試す展開になるとも予測している。