undefined新型コロナウイルスが猛威を奮う中で、米国上院議会ではブロックチェーン投票が検討されていることがわかった。コロナ禍で自宅待機が続く米国で、4月30日に上院のスタッフのメモからブロックチェーン投票を行うためにエンド・ツー・エンドの暗号化や投票を用意にするためのアプリケーションと並んで導入することが検討されている。

メモは「危機時における上院業務の継続性と遠隔投票に関するラウンドテーブル」が行われた後に作成されたとされる。

メモによると、議会は常に「公聴会やフロア審議、投票などの業務で直接会う必要があった」と指摘。そして「どの委員会もこうした機能を遠隔で進行させるための具体的な計画を持っていない」と強調し、遠隔で運営する必要性が議論されたようだ。

その中でブロックチェーンについて、「投票を安全に送信することが可能で、正しい投票かどうかも検証できる」と解説。

「ブロックチェーンは安全で透明性の高い取引環境を提供し、全ての投票の電子記録を改ざんされずに保管できる。誤った集計リスクも軽減できる」

一方で上院はブロックチェーン投票について、セキュリティ面での懸念も表明しているようだ。

「どのような遠隔ブロックチェーン投票システムでも51%攻撃の脅威を排除するために適切に設定する必要がある」

さらに暗号の欠陥やソフトウェアのバグといった脆弱性についても懸念しているという。