undefinedイーサリアム2.0のステーキングの入金額が大幅に増加

現在、仮想通貨(暗号資産)イーサリアムの次世代イーサリアム2.0のステーキングで、デポジットコントラクトに入金額が大幅に増回している。17日時点で152万ETHに達しており、イーサリアム価格が高騰で、米ドルに換算すれば、10憶ドルに達しているようだ。
undefinedETH2.0の心臓部を司るブロックチェーンである「ビーコンチェーン」の起動条件には、ローンチ予定日1週間前までにデポジットコントラクトへ計52万4288ETHが入金される必要があった。

デポジットコントラクトに入金されたETHは約2年間出金できないため、いち早く入金するインセンティブがなく、ビーコンチェーンがローンチする前に、ンセンティブ不足などによる資金拘束が敬遠されたため初速は遅く、遅延が懸念された。現在ステーキングされたETH数は既に起動条件より290%を超えている。

ETH2.0の今回のアップグレードはコンセンサスアルゴリズム「Proof of Stake(PoS)」への変更や、シャーディングの実装など大規模な変更を伴うことから、完全なネットワーク移行に向けた開発はこれから数年続く。

PhutureDAOの共同創設者であるCharlesStorryは、「2番目に大きいブロックチェーンであるイーサリアムは、新しいコンセンサスメカニズムに移行した。デポジットコントラクトに入金された資金は、新しいメカニズムに対する投資家とコミュニティの関心を示しており、将来のコンセンサスモデルをリードすることを設計されているだろう」と述べた。

イーサリアム 2.0ネットワークのアップグレードにより、イーサリアムの長年のスケーラビリティの問題の解決など、イーサリアムネットワークにいくつかの大きな改善がもたらされることが期待されている。