undefinedビットコイン保有上位100アドレスの動き

暗号資産ビットコインの保有額上位100アドレスが過去一ヶ月で、ビットコインの保有量が16%増加したことが分かった。これら上位100のアドレスが合計で約110億ドル(1.14兆円)相当になる33万4000BTCを追加した。

ビットコインが41000ドルから33000ドルまでに下落した間で、これら保有額上位アドレスほぼ反応していなかった。ビットコインが高値に達した1月10日以降、ただ7つのアドレスがウォレットからビットコインを引き出した。

また、過去30日間に取引を行ったアドレスのうち、12月12日以降で10件を超える取引を行ったのは8アドレスのみだ。一方、トップ10アドレスは今回の強気相場に対して反応しないようだ。その中の8つが、2018年9月以降取引を行っていないようだ。

しかし、上位のビットコインアドレスのすべてが「クジラ」というわけではない。アドレスの中にはHuobiやBianance、ビットレックス、クラーケンなおの大手仮想通貨取引所が管理するアドレスが少なくとも10個含まれている。残りはリッチなホドラー(長期保有者)や法人投資家などが含まれているようだ。

これらアドレスの中で、15アドレスが休止状態にあるとみられており、11アドレスは9年以上まったく動きがない。これらのアドレスでは30万BTCが保有されており、永久に休眠しているだろう。

一方、仮想通貨ビットコインを1000BTC(35億円相当)以上保有しているアドレスの数が、過去最高数の記録を更新した。11日に2140まで当該アドレスの数は増加しており、1月4日に約2000アドレスだった水準から、140アドレス増加している。