undefined12日に、米国通貨監督庁(OCC)のBrian Brooks長官代理はフィナンシャル・タイムズに掲載されたオピニオン欄で、分散型金融(DeFi)を言及し、銀行規制を再構築する必要性を強調した。

undefinedBrian Brooks氏は仮想通貨取引所Coinbaseの元幹部であり、昨年にOCCへ任命された以来、規制当局は目を暗号通貨に移した。今月初め、同氏はOCCに、銀行がブロックチェーンとステーブルコインを使用して、デジタル決済を促進するとの手紙を送信したことも報道した。

今度、同氏は現在の銀行規制を自動車関連の法律と比較して、自動車に関する法律は危険なドライバーを守るためのものであり、危険な車を守るためのものではなかったと指摘した。

昨年、ブロックチェーンデータ会社CipherTraceの報告によると、DeFi監視が欠如し、ハッカーにとって魅力的なターゲットになっていると指摘した。Brooks氏はこの見方を賛成し、分散型金融(DeFi)を交通業界の自動運転車のようなものだと主張した。

「銀行規制だと言っているが、実際は銀行員を規制しているだけだ。元々の交通ルールが他のドライバーから私たちを守っていたように、現在の銀行規制は主に人間の失敗を防ぐために存在している。」

一方、同氏も銀行規制当局がアルゴリズムに不正や偏りがないかどうかを評価する方法を学ぶことで、新たな規制を構築すると主張した。

「エラーをなくし、差別をなくし、万人に普遍的なアクセスを実現する未来を切り開くことができるだろうか?もし規制当局、銀行員、政策立案者が10年前の自動車メーカーのように大胆な行動をとっていたら、今日の米国の銀行業務はどのように変わっていただろうか?」

さらに、同氏もすべての人が普遍的にアクセスできるという目標はまだ遠いが、少なくとも規制の透明性が必要だと主張している。