undefinedBTC/USD

1月11日の陰線の下ヒゲは、ブルが20日指数移動平均線(32,705ドル)よりやや下の押し目を積極的に買っていることを示している。しかし、1月12日に上昇トレンドの再開に失敗したことから、小規模な上昇のたびに売りが継続して行われているようだ。

強気派が20日EMAを防衛しようとしている間に、弱気派は20日EMA以下の下抜けを狙っている。BTC/USDペアが今後数日のうちに反発しない場合、強気派と高値で 高値を狙って動けなくなっている短期トレーダーの降伏につながるかもしれない。

売りが強まると、BTC/USDペアはフィボナッチリトレースメント38.2%レベルの29,688.10ドルを下回り、50日単純移動平均線(24,983ドル)まで下落する可能性がある。このような動きは、強気のモメンタムが弱まっていることを示唆しており、数日間のレンジ相場の動きにつながるだろう。

一方、価格が現在のレベルから反発した場合、強気相場は上昇トレンドを再開しようとする。強気派が価格を41,959.63ドル以上に押し上げれば、モメンタムは上昇する可能性がある。

ETH/USD

1月11日に20日EMA(982ドル)を下回った際に、強気派は積極的にイーサ(ETH)に買いを入れた。しかし、12日には勢いを維持できなかったことは、上値での需要が枯渇していることを示唆している。

しかし、ポジティブなサインは、強気派が本日20日EMAへのディップを再び買ったことだ。強気派は今、価格を1,150ドル以上に押し上げようとしており、成功すればETH/USDペアは1,300ドルまで上昇する可能性がある。このレジスタンスラインを突破すれば、上昇トレンドが再開するだろう。

逆に、価格が下落して20日EMAを下回れば、下落は840.93ドル、その後50日SMA(732ドル)まで続く可能性がある。このサポートを下回れば、弱気派が再び勢いを増してきたことを示す。

XRP/USD

XRPは現在、下降トレンドの中でレンジ内の値動きとなっている。価格は0.169ドルと0.384998ドルの間で揺れている。フラットな20日EMA(0.30ドル)と中間点のすぐ下にある相対力指数(RSI)は、需要と供給のバランスが取れていることを示唆している。

強気派が20日EMAの上に価格を押し戻すことができれば、XRP/USDペアは0.384998ドルまで上昇する可能性がある。このレベルの上で上抜けて終値を迎えれば、反転を示す逆三尊を形成する。

逆に、価格が現在のレベルまたは直上のレジスタンスから下落した場合、さらに数日の間レンジバウンドのままになる可能性がある。0.169ドルを下回れば、下降トレンドが再開するだろう。

LTC/USD

ライトコイン(LTC)は1月11日に50日移動平均線(110ドル)を跳ね返したが、1月12日には20日移動平均線(142ドル)の上に押し戻すことができなかった。これは、上値で売りが出ていることを示唆している。

今日の陽線の下ヒゲは、下値での買いを示唆している。強気派は再び20日EMAの上に価格を押し上げ、維持しようとするだろう。これが成功すれば、LTC/USDペアは160ドルまで上昇し、その後180ドルまでの上昇も見えてくる。

しかし、もし弱気派が20日EMAを守ることに成功した場合、数日間は移動平均線の間で取引される可能性がある。また、フラットな移動平均線と中間点付近のRSIは、需要と供給のバランスが取れていることを示している。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は、1月11日の20日EMA(427ドル)のすぐ下から反発したが、強気派は回復を維持することができず、1月12日に価格を515.35ドルの上に押し戻すことができなかった。これは高値での積極的な売りがあることを示している。

今日、強気派は20日EMAを再び守り、価格を515.35ドルの上に押し戻そうとしている。もし成功すれば、BCH/USDペアは勢いを取り戻し、631.71ドルまで上昇する可能性がある。

逆に、上昇の動きが515.35ドルから下降した場合は、20日EMAまで下落し、今後数日間はこの2つのレベルの間でレンジ幅を保ったままになるだろう。