undefined18日より暗号資産の積み立てサービスを開始

国内大手暗号資産取引所bitFlyer(ビットフライヤー)が18日に、暗号資産の積み立てサービスを開始したと発表した。同時に、同社はサービス提供開始を記念するキャンペーンを開催することも報告している。

発表によると、このサービスの利用者は一度積み立ての設定を行うだけで、購入するタイミングに悩むことなく自動で暗号資産を購入することができる。

「bitFlyer かんたん積立」は、スマートフォンアプリの「bitFlyerウォレット」を通じて利用でき、積み立ての設定を行うと、特定の頻度で購入することが可能だ。積み立て頻度は、「毎日1回」、「毎週1回」、「毎月2回(1日と15日)」、「毎月1回」から選ぶことができる。積立金額は1円単位で設定可能という。

今回の積み立てサービスを展開する対象銘柄は以下通りだ。

・ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・イーサリアム(Ethereum/ETH)
・リップル(Ripple/XRP)
・ライトコイン(Litecoin/LTC)
・モナコイン(Monacoin/MONA)
・リスク(Lisk/LSK)
・ネム(NEM/XEM)
・ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
・ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・イーサリアム・クラシック(EthereumClassic/ETC)
・ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)
・テゾス(Tezos/XTZ)

ビットフライヤーは18日から2月17日までの間、「bitFlyer かんたん積立」のサービス開始を記念して『bitFlyer かんたん積立リリース記念!抽選で300名様に1,000円が当たるキャンペーン』も実施している。このキャンペーンは一定の条件を満たしたユーザーの中から抽選で300名様に1,000円をプレゼントするキャンペーンとなっている。

一方、日本国内の仮想通貨積立サービスではコインチェックやGMOコインなどが先行している。他社では1000円単位で積立が可能とする中で、ビットフライヤーは1円単位と少額から積立可能なことが強みとなりそうだ。