2月17日9時時点での暗号資産市場の時価総額は154.34兆円、 24時間売買代金は22.80兆円となった。 また、過去24時間での主要暗号資産の動向は、ビットコイン (BTC)が5,222,772円で+3.42%の上昇、売買代金は約 81,166億円。 イーサリアム (ETH)は188,799円で+0.43%の上昇、売買代金は約 36,230億円。 リップル (XRP)が55.413円で-4.64%の下落、売買代金は約 10,913億円となった。

なお、過去7日間において、ビットコインゴールド (BTG)+86.44%と大きく上昇。 過去30日ではドージコイン (DOGE)+510.80%と大きく上昇している。
値下がり率では、過去7日間において、ドージコイン (DOGE)-22.88%と大きく下落。

時価総額が100億円以上の暗号資産の72銘柄のうち、上昇銘柄は34、下落銘柄は38銘柄となっている。

【市場情報】

  • 暗号資産市場の時価総額:154.34兆円
  • 24時間売買代金:22.80兆円
  • ビットコイン比率:61.01%

▸ 時価総額ランキングを見る

【騰落情報】

  • 上昇率トップ:コスモス (ATOM)
    価格:2,653.34円 24時間変動比:+276.10(+11.61%)
  • 下落率トップ:エラストス (ELA)
    価格:440.7円 24時間変動比:-28.4(-6.05%)

▸ 暗号資産変動比ランキングを見る

【売買代金】前日比トップ3

  • 1位 ビットコイン (BTC)
    価格:5,222,772円 +172,482(+3.42%) 24時間売買代金:約 81,166億円
  • 2位 イーサリアム (ETH)
    価格:188,799円 +817(+0.43%) 24時間売買代金:約 36,230億円
  • 3位 ライトコイン (LTC)
    価格:22,310.0円 +350.8(+1.60%) 24時間売買代金:約 13,508億円

▸ 暗号資産売買代金ランキングを見る

◇ 今週の人気記事

  • 小幅調整も切り返したビットコイン、高値警戒も強気な理由(02/16)
  • ビットバンクが脆弱性発見者に報奨金を支払う「バグバウンティプログラム」を開始(02/16)

◇ 注目コンテンツ

  • 仮想通貨の投資で利益を出す方法を考えるーー基本的な売買のポイントを押さえよう(11/12)
  • 【GMOコイン】口座開設から最短10分で取引が可能に!(11/05)
  • ビットフライヤー「仮想通貨サービス利用率」2年連続国内No.1を獲得、他7つ指標でもNo.1に(10/19)