undefined10月20日に、ロイター通信の報道によると、ブラジルのパウロ・ゲデス経済相はブラジル連邦貯蓄銀行が手がけるデジタル銀行をIPO(新規株式公開)をする計画を明かした。また、ゲデス経済相もデジタル銀行のIPOを6ヶ月以内に行う計画であると話した。

6400万のブラジル人がデジタル化

ミルケン・インスティチュートのオンラインイベントに、ゲデス経済相は6400万人のデジタル化に成功したことを述べた。同氏によれば、政府からの支援金がブラジル連邦貯蓄銀行を通じて6400万人のブラジル人に効率よく送るためブラジル連邦貯蓄銀行を通じて設立したことも説明した

「6400万人の顧客がいる銀行の価値はいくらになるだろう?低所得者、初めて銀行に登録する人々は、残りの人生をかけて忠誠心を示すだろう」

また、過去18か月間のブラジルの政策変更するために、法定通貨の価値が下落したことも言及した。ブラジル政府は中央銀行と協力して、投資家や企業へこのリスクに対するヘッジを提供しているとの態度を示した。

OECDに加入

一方、ゲデス経済相はブラジルの経済協力開発機構(OECD)加入のための準備の約3分の2が終了したと発言した。

「まもなくOECDに加入する。要求事項の3分の2は満たした。おそらく1年で加入しているはずだ」

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com