undefinedポール・チューダー・ジョーンズ氏の見解

ヘッジ・ファンド業界のベテラン投資家ポール・チューダー・ジョーンズ氏は、ビットコインが米ドルのインフレヘッジとして最高であり、現在の上昇が「ファーストイニング」に過ぎないという見解を示している。

ジョーンズ氏は、1987年の株式市場の暴落を予測して利益を得たことで注目を集めた。また、非営利団体JUST Capitalの会長であり、社会的・環境的指標に基づいて米国の公開企業を格付けしている。

ジョーンズ氏は、昨日CNBCで「ビットコインは直接的なものだと思うが、まだ長い道のりがある。」と述べた。

ジョーンズ氏は今年5月、2%に相当する自身の資産をBTCに代えたとコメントし、チューダーBVIグローバルファンドを通じて、BTC先物の取引を検討していることも明かし、大きな注目を集めた。今回の発言はの時よりもBTCの評価が高まっていることを示している。
undefined米連邦準備制度理事会(FRB)による前代未聞の量的緩和がインフレを引き起こし、ビットコインがベストなインフレヘッジになると説明した。

「私がビットコインを推奨した理由は、金や、米国物価連動国債(TIPS)、銅や、長期金利のように、インフレ戦略の一つのメニューであり、ビットコインが最高のインフレトレードになりそうだという結論に達したからだ」

また、ジョーンズ氏はBTCの投資については、「BTCは、その価値を信じる本当に優秀な人々に支えられて発展してきた。BTCへの投資は、スティーブ・ジョブズ氏やアップル、グーグルへ投資することに似ている」と述べた。

ビットコインが13000ドルを突破

一方、ビットコイン価格は10月に20%近く上昇しており、23日にはPayPalの好ましいニュースの影響で2020年の最高値を更新して1万3,000ドル前後で取引されている。
undefined今後、ビットコイン価格はどのように推移するか業界でも注目されている。米Fairlead Strategiesの創始者ケイティ・ストックトン氏も「今後数ヶ月で14000ドルを打つ可能性が高い」と予想している。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに