undefined最近、Googleトレンドのデータによると、「DeFi」の検索数が大幅に下落して、分散型金融(DeFi)への関心は低下していると示すようだ。

Google検索数は、暗号通貨市場のあらゆる側面に対する世界的な関心を大まかに示しているといえる。具体的には、3月末にピークに達していた。あの時、コロナウイルスのパンデミックによって、ビットコイン価格は暴落した。

その後、数月の関心が低下していたが、9月の第1週に99/100に急上昇した。しかし、それ以来、検索数は丘を駆け下りるチーズの輪のように65/100に落ちった。

実は、今夏DeFiの爆発的な成長のおかげで、投資家がわずか数か月で最新の暗号通貨ブームに数十億ドルを注ぎ込んいだ。しかし、最近ではいくつかのトップコインの価値が急落して、多くのトップDeFiコインが破産した。

例えば、YFIは、過去24時間で5%、過去1週間で約10%減少した。また、過去数か月の間に、SushiSwapのトークンは、過去1日で約4%、過去1週間で22%減少した。

これに対して、ビットコインの検索数は51/100にランキングして、9月初旬にビットコインの価格が急落したとき、関心は41に増加した。また、執筆時点に、ビットコインの価格は11,351ドルで安定している。

一方、指標ウェブサイトDeFiPulseのデータによると、投資家は108億ドル相当のコインがロックしたという。これは9月30日の市場ピークである112億ドルからわずかに下がっている。そして、DeFiの強気市場は終わりに近づいていると推測してるが、分散型金融市場全体は依然として活発するようだ。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com