undefined

先週から、分散型金融(DeFi)は爆発的に成長して来ている。一部のDeFiトークンは50〜100%以上高騰し、時価総額は450億ドルを超えたことも明らかにした。

昨日、暗号資産データプロバイダーCoingeckoはTwitterで、「2020年は20億ドルだったが、2021年は43億ドルに達した」と投稿した。

undefined確かに、過去1週間で、多くのDeFiトークンの価格が大幅に上昇し、時価総額の成長に貢献している。CoinGeckoによると、上位10の資産のうち、Uniswap(UNI)とAAVEが最も注目され、過去7日間で価格が約40%上昇した。また、他のコインも速く上昇し、DODOとAlphaFinanceは過去7日間でそれぞれ2倍になったという。

undefined一方、DeFi Pulseによると、1月だけでも、DeFiプラットフォームにロックされている総額はすでに110億ドル増加し、今日では262億ドルを超えた。 

undefined現在の傾向に見れば、DeFiの成長は2021年に急上昇し続けているようだ。しかし、一部の投資家はDefiが定期的にハッキングされる可能など考慮して、DeFiの成長に対して懐疑的な態度を持って、最後にバブルになるかも懸念されている。