スイスの伝統的な銀行であるBordier & Cie SCmAが、ビットコインをはじめとした暗号資産でのトレーディングを提供し始めました。

BordierはSygnum銀行と提携することで、B2BのバンキングソリューションををBordierの内部インフラと統合することでこのサービス提供を可能にしました。

Sygnumは暗号資産に関するアドバイスなどは顧客へ提供せず、トレーディングと資産管理のためのプラットフォームのみを提供します。

近年、このように海外における銀行による暗号資産の取り扱いの事例や規制の緩和が目立っています。

今年に入り米通貨監督庁 (OCC) は、国立銀行などがパブリックブロックチェーンとステーブルコインを決済に利用できるとの見解を示しました。また暗号資産カストディ企業のAnchorage Trust CompanyをアメリカのAnchorage Digital Bankとして国立銀行として承認する発表を行いました。

記事ソース:The Block

The post スイスの伝統的銀行が暗号資産でのトレーディングを提供開始 appeared first on CRYPTO TIMES