Lisk開発者向けプログラムを総括

ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトのLiskは今月26日、Liskを利用したdApps開発の支援を行う「Lisk開発者プログラム(Lisk Builders program)」にて、過去一年間で実施された概念実証(開発途中のプロジェクトも含む)を紹介した。

過去一年で同プログラムの参加者は世界8カ国にまで広がりをみせ、参加プロジェクト数は14に達しているとのことだ。そのプロジェクトの内、概念実証が完了したプロジェクトは12で、残り2つが現在も開発段階となっている。

Liskブログで紹介された概念実証の一部を紹介する。

Liskを利用した概念実証

  • Lisk.Bike
  • Chronicler
  • Moracle
  • FeatChain
  • Arcado Network
  • Chip to chain
  • Lisk.Bike

    Lisk.Bikeは自転車シェアリングにまつわる課題を解決することを目指すプロジェクトだ。

    主にベルリンなどヨーロッパ圏で提供されている複数の自転車シェアリングアプリを一括にまとめ、それぞれのサービスを利用可能にする試みが行われている。これにより、ユーザーはそれぞれのアプリをインストールする煩わしさから解放されることが期待される。

    今後、同プロジェクトでは、一般ユーザーも保有する自転車の貸し出しが可能になる予定で、地域全体の自転車の数の削減も目標としている。

    機能としては、まず最初に一定の固定費を各バイクが保有する固有のアドレスに入金し、走行距離が想定よりも短く済んだ場合は、入金したLSKの一部が返還される仕組みをとっている。

    Chronicler

    Chroniclerは、様々な種類のコンテンツを保管、監査、認証するブロックチェーンアプリケーションの概念実証となっている。

    Chroniclerでは、以下のような機能を提供している。

    • アドレスと紐づいた検索な可能な記録の作成
    • デジタル資産のタイムスタンプ付きCoCの生成
    • ウェブコンテンツのセンサーシップと変更の監査
    • コンテンツの透明性の承認

    CoCとはChain of Custodyの略で、作成されたコンテンツがユーザーへ届くまでの過程を指す。

    Moracle

    Moracleは、従来のオラクルが中央集権的か効果であることに着目したプロジェクトだ。Moracleは従来のオラクルよりも早くて安いサービスを、非中央集権の形で提供することを目指している。

    ブロックチェーンにおけるオラクルとは、スマートコントラクトに外部の情報を提供するサードパーティ製のサービスのこと。一般的なオラクルは、第三者機関により中央集権的な形でサービスが提供されている。

    FeatChain

    FeatChainは、情報ソースの最初の発信源の証明を行うためのブロックチェーン・プラットフォームで、人々の成果物の帰属先を明らかにすることを目標にしたプロジェクトとなっている。

    Arcado Network

    Arcado Networkでは、分散型の報酬システムを提供に注力しており、ゲーム開発者にAPIを提供することで、マルチプレイヤーゲームに簡単に報酬機能を導入することが可能になるとしている。

    また開発者は、この機能導入のためにLiskの構造を深く知る必要がないとのことだ。

    Chip to chain

    Chip to chainは、NFCマイクロチップとセンサーを利用し、現実社会の物体とブロックチェーンを安全に紐づけること目指している。開発段階のプロジェクトとなっている。

    We are happy to announce that @casparroelofs is the second participant of #Lisk Builders program for March. He will receive a grant of CHF 2500 in #LSK tokens. The project aims to securely connect physical objects and digital blockchains, by using an NFC chip, IoT and Lisk SDK. pic.twitter.com/NYotT5RlF3

    — Lisk (@LiskHQ) April 6, 2020

    Liskのオンラインイベント

    Liskは今月25日、ドイツのベルリンにあるコミュニティーセンターからオンラインイベントを開き、現在のマーケティングや開発状況、そのほか様々な研究内容について報告が行われた。

    そのイベントでは、Lisk SDKを利用し概念実証を実施したコミュニティーメンバー二人も登壇し、その活用事例などについて発表している。

    Liskの共同設立者でありCEOのMax Kordek氏は、コミュニティーセンターをベルリンに置いた理由について、「オランダのユトレヒトや東京のLiskセンターで、実際に会うということの価値を認識し、ベルリンに3ヶ所目のLiskセンターを設置した」と話し、コミュニティーと共にプロジェクトを進めていきたいという姿勢を示している。