undefinedFinancial Timesの情報筋によると、米フェイスブック社が主導するステーブルコインリブラが、2021年1月にローンチする可能ことを明らかにした。

リブラプロジェクトは19年6月に発表された。しかし、リブラは複数の法定通貨を裏付け資産にして発行する予定だったが、各国政府から規制違反の懸念を示された。後、バスケット型から単一法定通貨型の仕組みへの変更したことも報道された。

今度が報道によると、まず米ドル版リブラを発行、その他の法定通貨におけるリブラトークンは順次発行予定だという。このローンチのためには、スイス金融市場監督局ライセンスを取得する必要があるが、21年1月にも実現する可能性があると有識者が話した。

一方、昨日、リブラ協会が、米国財務省に属する通貨監督局(OCC)の元検察官Saumya Bhavsar氏が法律顧問として採用したことも報道された。今後、Bhavsar氏も非常に重要な役目を果たすと考えられる。

さらに、ウーバーやSpotify、Coinbaseなどの大手企業を含む27社が加盟していたが、現時点では、加盟企業がどのように米ドルのリブラを導入するかまだ不明だ。最新情報があれば、本サイトも注目し続けている。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com