undefinedKuCoinもイーサリアム2.0のステーキングが開始

12月1日にイーサリアム2.0のフェーズ0が成功に立ち上げたことが発表された。同日に暗号資産(仮想通貨)取引所KuCoinがイーサリアム2.0(ETH2.0)の取扱い、ステーキングが開始したことが発表された。
undefined発表によると、KuCoinでは12月2日よりETH2/ETHペアのトレーディングが開始する。執筆の時点でETH2は0.999ETH(585.92USD)で取引されている。
undefinedまた、Pool-Xを用いたイーサリアム2.0のステーキングも開始している。ユーザーはイーサリアム(ETH)をPool-Xに入金することで1対1の割合でETH2に変換すれば、報酬が獲得することが可能となる。

ユーザーは、Pool-XのマイニングプールにPoS通貨をアップするによって、報酬として「POL」と呼ばれるトークンを取得することができる。ユーザーが預け入れた通貨は各ブロックチェーンのノードに分配され、報酬はロックされた通貨ではなく、POLトークンで支払われる。

実は、KuCoinのほか、大手仮想通貨(暗号資産)取引所BinanceとCoinbaseも、イーサリアム2.0(ETH2.0)のステイキング対応計画を発表した

Binanceのステーキング参加者は、サービスを利用し預けたETHを1:1で代替トークン「BETH」にトークン化し、BETHを付与される。ステーキング報酬も「BETH」として毎日ユーザーに分配する。Coinbase側はCoinbaseアカウントからETHをイーサリアム2.0ステーキングに参加して報酬を得ることができるようになる。ステークされたイーサリアム2.0トークンはビーコンチェーンにロックされるが、Coinbaseの取引所内で、イーサリアム2.0をETHや他の暗号資産への交換も可能になる。

一方、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリンもイーサリアム2.0の最新ロードマップが公開したことで、人々がイーサリアム2.0への関心が高まっていくだろう。これから、さらに多くの暗号資産取引所がイーサリアム2.0の取り扱い及びステーキングをサポートすることが期待されている。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに