62948709_s.jpg

イタリア銀行協会からの参加意向イタリア銀行協会(ABI)は、欧州中央銀行(ECB)が進めている「デジタルユーロ」の開発・導入をサポートする意向を表明した。関連するプロジェクトやパイロットプログラムにも参加する意欲を見せている。

ABIには700以上のイタリア国内の銀行が加盟しており、2019年に仮想通貨を含むデジタル資産を研究する部会を立ち上げた。

今回ABIは、デジタルユーロの安定性、欧州連合の金融規制への完全なコンプライアンス、および国民からの信頼を優先事項として、プロジェクトを進める必要性があると指摘している。

デジタルユーロと仮想通貨ABIは、デジタルユーロが仮想通貨需要に取って代わる可能性を持つと見ている。

"EU発のCBDC(中央銀行デジタル通貨)は、民間によるリスクが高く、識別の難しいデジタル通貨の魅力を抑える効果がある。"

一方、デジタルユーロについて、「プログラム可能なデジタル通貨は、P2P決済やB2B決済、金利リスクの管理分野などで現行の銀行システムに革新的技術を取り入れることができる」と述べ、運用と管理プロセスの効率化といった点が、デジタルユーロがもたらし得る潜在的付加価値と説明した。

デジタルユーロを推し進めているのはイタリアだけではなく、ドイツ銀行協会も推奨している。フランスは今年5月、ホールセール型のデジタルユーロのテスト成功を発表した。