undefinedSNSに暗号資産の送金が可能

最近、シンガポールのプラットフォームTorusが最新のアップデートを通じてTwitterやギットハブのアカウントを使用して仮想通貨送金が可能にすることが発表された。

Torusは2018年に設立し、シンガポールを拠点している仮想通貨関連鍵を管理するプラットフォームである。Torusは、最新の開発のワークフローを簡素化し、ユーザーがサービスや環境全体で秘密を保存、共有、整理できることと目指いしている。

発表によると、Torusの最新アップデートは7日に発表し、既にイーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏やイナンスのチャオ・ジャンポンCEO(通称CZ)のツイートアカウントに 0.01ETHを送りつけたという。さらに、利用者は従来にTorusの仮想通貨ウォレットを利用したことがなくてもSNSで送金できる可能になると判明した。

undefinedまた、最新のアップデートに対応する仮想通貨はイーサリアム(Ethereum/ETH)である。アップデートした以降、ツイート(Twitter)のほか、フェイスブック(Facebook)、グーグル(Gogle)、レディット(Redit)、トゥイッチ(Twitch)、ディスコード(Discord)、アップルID(Apple ID)、リンクトイン(LinkedIn)及びLINEなどで送金可能になるという。

このまえ、Torusは昨年12月にGoogleやレディットでりのイーサリアム(Ethereum/ETH)取引テストを既に行なった。

さらにトップなニュースはjp.icointime.com