米ブロックチェーン決済企業のリップル社が米ワイオミング州で事業登録を行った。

ワイオミング州の記録によると、Ripple Markets WY LLCを2020年2月に申請後、現在は「アクティブ(活動中)」と記載されている。リップルの登録代理人(Registered Agent)同州シャイアンを拠点としている。

デジタル銀行Avanti(アバンティ)の創業者兼CEOであるケイトリン・ロング氏は「ワイオミング州が仮想通貨フレンドリーな州法を持っているため、デラウェア州よりも拠点を置くことに対し優れていると気づき始めている」と述べている。

ロング氏はワイオミング州のブロックチェーン・金融技術・デジタルイノベーション特別委員会に所属。同氏は同州には法人税やフランチャイズ税がない上、仮想通貨は固定資産税や売上税(日本の消費税に該当)が免除されているため、仮想通貨企業はワイオミング州へ移転すべきだと主張している。

リップルの本社所在地は現在、サンフランシスコで、ワイオミング州に本社を移転するかはまだ不明だ。しかし、ブラッド・ガーリングハウスCEOなどは米国での仮想通貨規制に不満を示し、本社移転についても言及している。

ワイオミング州は実際に仮想通貨企業にとって魅力的な地域になりつつある。

2020年にはワイオミング州銀行委員会は仮想通貨取引所クラーケンの銀行部門であるクラーケン・フィナンシャルは特別目的預金金融機関(SPDI)として認可された。またアバンティにも同様の認可を与えている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン