欧州のプロスポーツチームなどが、ファンやサポーターにデジタルトークンを販売して、資金を調達するケースが増えている。そのファントークンの発行と販売を可能にするプラットフォームを運営するChilizは、5000万ドル(約54億円)の資金を米国での事業拡大に投入する。

欧州のマルタに拠点を置くChilizは、ニューヨークに事務所を開設し、米国のスポーツチームがファントークンを発行できる環境を整備していく。同社CEOのアレクサンドル・ドレイファス氏がロイターの取材で明らかにした。

Chilizはこれまで欧州のプロサッカークラブを中心に事業を進めてきた。ファントークンを発行・販売することで、プロスポーツクラブは資金を調達することができる。一方、トークンを購入したファンは、クラブチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる。

米国の巨大スポーツ市場

「事業のグローバル化と成長を促すうえで、米国は重要な市場。5000万ドルの資金を使い、北米の主要プロスポーツリーグに属するチームがファントークンを導入できるようにしていきたい」とドレイファス氏はロイターの取材でコメントしている。

北米の主要プロスポーツリーグには、アメリカンフットボールのNFL、メジャーリーグベースボールのMLB、バスケットボールのNBA、アイスホッケーのNHLなどがある。

Chilizはこれまでに、欧州のサッカークラブの「FCバルセロナ」や「ユベントス」、「パリサンジェルマン」を含む20以上のプロスポーツチームとeスポーツチームとパートナーシップ契約を結んできた。ファントークンは、ブロックチェーンを活用したプラットフォーム「Socios.com」で、発行・販売される。

Chilizは、日本の暗号資産取引所大手のコインチェック(Coincheck)とも連携を始めている。コインチェックは2月、Chilizの「Socios.com」で利用できるトークンを、コインチェックの「NFTマーケットプレイス」で取り扱うための検討を開始したと発表している。NFTはノンファンジブル・トークンのこと。

|編集:佐藤茂
|画像:サンフランシスコのスタジアム(Shutterstock)
|原文:Fan Token Platform Chiliz Plans to Splash $50M on Expansion Into US Sports Leagues

Related Posts

リップル、マネーグラムへの約54億円の出資を完了──両社の狙いは?リップル、マネーグラムへの約54億円の出資を完了──両社の狙いは?米マイクロストラテジー、約400億円を調達へ、ビットコインの追加投資を検討米マイクロストラテジー、約400億円を調達へ、ビットコインの追加投資を検討東大と京大がリップルのプログラムに参画──MIT、清華大学…名門大が進めるブロックチェーン研究東大と京大がリップルのプログラムに参画──MIT、清華大学…名門大が進めるブロックチェーン研究Facebook「リブラ」はクレイジーでない:非営利団体幹部Facebook「リブラ」はクレイジーでない:非営利団体幹部スクエア、53億円のビットコインを購入──総資産の1%相当スクエア、53億円のビットコインを購入──総資産の1%相当